tree grass cow uma sig sig sig sig TOP Travel PC 太陽光発電 sig sig sig プランニング 発電履歴 Simulation
grass

とんとんけんけん発電所 - 太陽光発電の発電量推移予測

瞬間発電量予測

発電当初、2620wのパネルにもかかわらず、瞬間最大発電量が1800w程度。
南面1420wに東西600wずつという為なのか、冬場だからなのか、思いった以上に低い。
ちょっと心配になって、今後どれぐらいの瞬間発電量が期待できるのか見積もってみた。
このとき、計算の前提は方法は以下のとおりとした。

南中時を最大発電量がでる時とし、その高度は国立天文台の暦計算室より、区役所の値を用いる。
パネルの実効容量 - パワコンの損失 - パネルの温度損失等は未考慮。
計算方法は、南面容量 x cos(90 - 屋根勾配 - 高度) + 東西面容量 x cos(90 - 高度) x cos(屋根勾配)。

冬場は大きく落ち込むが、2月/3月と日に日にアップしていき、4月から10月にかけては、 2300台後半をキープ。冬に落ち込むのは東西設置の特徴なようなので、致し方ないこととして それ以外の季節ではそう悪くないので一安心できる結果か。